更新

イメージ

イメージ

近年晩婚化が進む中で、夫婦2人の時間を満喫した後にお子様を望むといった流れが難しくなってきています。それは、30歳を契機に卵子の質や精子の質が徐々に低下し始めるからです。
結婚年齢が30歳を越えるということは、それだけ子作りする期間が短くなるということです。

しかし、これは一般論でしかありません。
40歳を過ぎてからでも子宝に恵まれる元気な方もいれば、20代でも授かりにくく専門家のサポートを受けるケースもあります。つまり、子作りには個人差があるのです。そして、それは外見や体力とは一致しません。
早めに正確な状態を調べることは、ご夫婦の人生設計を考える上でとても重要だと私どもは考えます。
続きを見る >>

お勧めリンク